J.B.S.ホールデン

出典: 涼ペディア

ジョン・バードン・サンダースン・ホールデン(John Burdon Sanderson Haldane、1892年11月5日 - 1964年12月1日)はイギリスの遺伝学・進化生物学者。ロナルド・フィッシャー、シューアル・ライトと共に集団遺伝学を創始した一人でもある。

科学の役割に関するビジョン

叛逆としての科学フリーマン・ダイソン著 p18  より

保守派は、理性が激情の言いなりになっている相手は何ら恐れる必要はないが、理性が激情の最たるもの、最もすさまじいものとなった人間には用心しなければならない。彼らこそ、疲弊した帝国や文明の破壊者であり、疑念を抱く者、神を殺す者だからだ。過去を振り返れば、ヴォルテールやベンサム、タレス、マルクスといったぐいの人間が頭に浮かぶが、科学の分野ではダーウィンがそれと同じ理性の執拗さの典型で有るように思える。今日、理性は科学の分野で最も自由な振る舞いを許されているばかりか、政治や哲学、文学を通した場合に劣らず大きな影響を科学を通じて世の中に与えうることが明らかになるにつれて、ダーウィンの同類がさらに登場するだろう。

だとすれば、われわれは科学を三つの視点から眺めなければならない。第一に、科学とは、理性と想像力という、人間のもつ天与の才の自由な活動だ。第二に、科学とは、質・快適性・勝利を求める多くの者に対する、少数の者による回答であり、科学はこの三つの恩恵を、平和・安全・沈静との交換によってのみ教授する。最後に、科学とは、まずは時間と空間、次に物質自体を、さらに人間自身の体と他の生き物の体を、人間が徐々に征服し、最終的には自分自身の魂の中にある暗く邪悪な諸要素を服従させる過程だ。

参照サイト


スポンサード リンク
個人用ツール