600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス

出典: 涼ペディア

書籍名

クックパッドにレシピが投稿される理由

p15
 もちろん世の中には料理が好きな人はたくさんいるわけだが、ではなぜ彼女たちは料理が好きなのかといえば、やはり食べてくれる人が「おいしい」といってくれるからだ。食べる人もいないのに、料理を作ってうれしい、という声はあまり聞かない。「おいしい」といってもらえることこそ、料理を作る喜びであり、楽しさなのだ。
 だが、実際にはどうだろう。「おいしい」といってもらえる機会は、日常の生活でどれほどあるだろう。家庭で家族のために料理を作る。それを食べる家族が「おいしい」と毎日きちんと反応してくれるかどうか。友だちを招いてパーティをし友達に料理をふるまう機会もある。しかし、そんなことが年に何度あるだろう。
 自分の料理の「おいしい」を、自分のレシピという形で、世の中の大勢の人たちに写真付きで見せることができる。“リアル”な日常ではありえない料理を作る楽しみを、クックパッドなら実現できる、ということだ。

お金の保証を会社に預ける恐怖

p36
「就職というのは、自分の労働時間を対価にお金を保証してもらう、ということですから。今でさえ、お金の保証がなくなるのが怖いのに、五年後、十年後、もっとお金が必要とされている状況で、恐怖はもっと大きくなると思ったんです。そうねれば、会社は絶対に辞められない、と」
“自分の弱さ”を会社に預けたら、辞められなくなる。ならば、就職はしないほうがいい。最初から起業しよう、と決断するのである。

佐野流世の中を動かす三要素

p37
「いろいろ考えて、世の中を動かす要素って、三つじゃないか、と思ったんですね。ひとつはテクノロジー。例えば電話ができた、車ができた、テレビができた、と。そして、もうひとつは、個人の認識が変わること。みんながこうだ、と思ったら、そっちの方向に変わっていくでしょう。そしてもうひとつが、政策、だと思ったんです。道の幅はこれくらいにしましょう、右側通行にしましょう、と決めた瞬間に世の中は変わる」

スポンサード リンク
個人用ツール