虚数の情緒

出典: 涼ペディア

書籍名

勉強を始めよう

前書き p1

さあ諸君、勉強を始めよう勉強を、数学に限らず、凡そ勉強なんてものは、何だって辛くて厳しい修行である。然し、それを乗り越えた時、自分でも驚く程の充実感と、学問そのものへの興味が沸き起こってくる。昔から、楽して得られるものなんて、詰まらないに決まっている。

個性とは

p13

人の苦しみとは、煎じ詰めれば、何とかして「他人になろう」という所から生じるのであって、「自分になろう」というのであれば、楽しみこそあれ苦しい筈がない、衣食住に限らず思想までも「流行」としてしか捉えず、絶えずそれに追随し、他人になりすまして安心を得ようというのか、自分を宇宙の中心に据え、外界からのあらゆる刺激を消化し、自らの考えとして結晶化させる、それがいかに小さいものであっても、他人の受け売りでない、自分の身体から滲み出たものでさえあれば、それがそのひとのこせいとなる。即ち、自分自身で考える事、決して他人になりすまして考えない事、その精神の独自性こそが「個性」である。

スポンサード リンク
個人用ツール