出典: 涼ペディア


[1] p13

脳は、さまざまなタイプの無数の細胞からできていて、それらが数百種の異なる化学物質を介して互いにコミュニケーションを取りながら、わたしたちの思考や行動をひとつひとつ決めている。ひとつのニューロンはほかの十万個ほどのニューロンから情報を受け取り、それを総合して自身の信号を送り出している。ニューロンの枝と枝の結合部位はシナプスと呼ばれ、最も重要な場所だ。電気信号がニューロンの軸索(幹にあたる)を通って分岐した枝の先のシナプスまで行くと、神経伝達物質がそれを化学信号に変えて次のニューロンに伝える。信号を受け取る側のニューロンの枝は樹状突起と呼ばれ、そこで神経伝達物質は受容体に受け止められ--鍵が錠に差し込まれるように--それによって細胞膜のイオンチャンネルが開かれ、信号は電気信号の形に戻る。受け取る側のニューロンで電荷が一定の閾値を超えると、そのニューロンは自らの軸索に沿って信号を送り、つぎのニューロンとのあいだでこのプロセスを繰り返す。

乳児期における刺激

Mind Hacks ―実験で知る脳と心のシステム p13

また、同じ期間(乳児期のごく限られた期間)内に、たとえば、「縦方向の刺激を一切見せない」といったように、ある特定の刺激を与えなかった場合、その刺激に対する能力は発達しなくなる。

書籍名書籍名


スポンサード リンク
個人用ツール