海馬

出典: 涼ペディア

海馬の増殖度が高まる環境

脳はなにかと言い訳する p28より

彼女は、たとえば、ネズミを一匹で飼うよりも、何匹か一緒に一つのカゴで飼育したほうが、神経細胞の増殖能力が高くなるという発見をしています。しかも、オスとメスを一緒に混ぜたほうが効果的らしいのです。
ただし、複数匹をまとめて飼育すると、集団のなかで、強いネズミと弱いネズミが出てきます。このあたりは人間社会と似ています。このとき社会的に有利な立場にいるネズミのほうが、細胞の増殖能力が高かったと言っています。集団で生活して、さらに運動をすると、効果が高まるとも言っています。何より面白いのは、「学習すること」で海馬の増殖度が高まるということでしょう。

海馬とストレス

脳はなにかと言い訳する p36より

海馬を刺激すると、ストレスを防ぐのが早くなったという研究もあります。つまり、海馬が活性化すればするほど、ストレスへの順応が早くなるというようなのです。また、長い間、ストレスを受けていると、海馬の細胞が減ってストレスに負けてしまうこともわかっています。

スポンサード リンク
個人用ツール