レオナルドダヴィンチの手記

出典: 涼ペディア

書籍名書籍名

序、最初の一文

上巻 p19

 私よりさきに生をうけた人々があらゆる有益で必須な主題を自分のものとしてとってしまったから、私は非常に有益な、または面白い題材を選ぶことができないのを知っている。それで私は、ちょうど貧乏のため一番あとから市場に到着したが、他に品物をととのえることもできないで、すでに他人の素見済みだがあまり値打ちがないために取上げられず断わられた品物すべてを買いとる男のようにふるまうであろう。
 私はさげすまれ断られたこの商品、数多の買手の残りもの、を自分のはかない荷物のうえにのせよう。そしてそれを大都会ではなく、貧しい村々に配り、かつ自分の提供するもの相応のお禮いをもらいながらあるこう。

スポンサード リンク
個人用ツール